“最新”新型コロナウィルスへの有効性

“最新”新型コロナウィルスへの有効性
今回は新型コロナウィルスの有効性について書いていきたいと思います。

1.血栓予防
英国BBCニュースは、「コロナに感染した重傷患者の約30%に血栓が見られる」と報じています。
血栓によって血管が詰まり、その下流の組織への血流が停滞し細胞に栄養や酸素が充分に届かなり、肺などの組織破壊を引き起こします。
水素を投与することで、血栓の付着は32%抑制されることが判明しました。
また、血液のドロドロ化は血栓の形成や肺血栓塞栓症(エコノミー症候群)を生じやすく、その結果、動悸息切れや呼吸困難、突然死、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳卒中などを併発しかねません。
被験者2名に水素ガス20分間吸入をした結果、赤血球は一つずつバラバラにほぐれ、血液がサラサラになることを確認できました。


2.免疫暴走(サイトカインストーム)の抑制
コロナが重症化する一員として免疫暴走(サイトカインストーム)が挙げられます。
免疫暴走(サイトカインストーム)とは、主に免疫細胞から分泌されるタンパク質が過剰となり、免疫反応が激化する状態です。それによって血栓が形成され、心筋梗塞や肺塞栓、下肢動脈塞栓などが誘発される可能性が高まります。
「新型コロナの感染モデルとしてネズミの敗血症」では、肺において細胞障害が起きますが、水素ガスを1h吸入させると細胞障害が防御されました。


3.免疫増強
コロナ感染を防ぐには、「自然免疫」の強化が重要です。水素ガスの吸入は白血球の貪食(異物捕食)力を増強することがわかりました。
また、赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合して身体中に酸素を運びますが、コロナ患者では通常90%以上の酸素飽和度が80%以下まで低下する状態が多発すると報じられています。コロナ患者の血液はドロドロになっています。活性酸素が激増し、酸化ストレスとなって多臓器に傷害を与える状態となります。この状態では、赤血球内部のヘモグロビンが流出する「溶血」となります。人体において、溶血は致命的な最終段階です。そこに至る段階の前であっても、新型コロナの酸化ストレスが高まれば、敗血症や多臓器不全をもたらす可能性が大きくなります。
常に酸化ストレスを抑制しておくことが溶血を防ぐ有効な方法になると考えられます。
水素ガスを投与すると、赤血球が防御されることがわかりました。
また、水素の投与は体温の上昇を促すこともわかっています。理由としては毛細血管の拡張による血流の増加。体温の上昇はNK(ナチュラルキラー)細胞の活性を促します。NK(ナチュラルキラー)細胞はウィルス感染細胞やガン細胞に攻撃を仕掛け破壊します。


コロナウィルスにおける水素の有効性は他にも「ウィルスの侵入遮断」効果なども期待できるようです。
自身やご家族、大切な人を守るために私もこの事業をスタートさせました。
是非、水素について理解を深めていただければ幸いです。


参考文献
『水素の効力』(栄養書庫)
(著)三羽信比古


リタエアーの口コミ・体験談はこちら

リタエアーの最新情報はこちら

水素ガス生成器リタエアーの魅力

様々なケアができる

疲労回復、自律神経を整える、生活習慣病予防、血管修復、集中力アップ、シミ・肝斑抑制、美肌効果、ニキビ・毛穴予防、艶肌効果、老化抑制、シワ・たるみ予防など、様々な身体のケアを水素吸入で補うことができます。クリニックやエステ、マッサージなどと目的別に行き先を変えなくても、当サロンで水素吸入をするだけで全てに効果を期待できます。

悪玉活性酸素をデトックス

水素吸入は鼻粘膜から水素を吸入し、細胞壁を通過し、目や脳の悪玉活性酸素に結びつきます。もちろん呼吸もするので、水素は肺を介して体中にも行きわたり、体の隅々の悪玉活性酸素を結びつきデトックスされます。さらに毛細血管にも直接作用するので、血行促進作用も期待できます。

無理なく簡単に取り込める

体内に水素を取り込む方法で一番短時間で摂取量が多いのが水素吸入。お腹がいっぱいになることもなく、たっぷり水素を取り入れることができます。

今なら月額4,950円で
毎日水素生活が始められます!