自律神経を整えよう

自律神経を整えよう
水素には抗酸化、抗炎症作用があることが知られています。

脳の酸化ストレスや炎症が、脳からの交感神経出力を増強させ、全身の交感神経の過度な活性化を生じさせることがわかっています。

水素吸入後、吸入という手段を使うことによって、水素を効率よく脳に届けて、脳からの交感神経出力を抑えることにより効率的に脳に運ばれた水素が、交感神経系の過度な活性化を抑えるという研究結果が慶應義塾大学医学部内科学(循環器)教室の元、実証されました。
交感神経系の活性化は、高血圧の成因となるばかりではなく、臓器障害の進行を直接加速させます。

水素吸入が、脳卒中・循環器病の予防や治療の一助になる可能性が期待されています。


また、体験談にもある通り、睡眠の質がよくなったことや気分の浮き沈みの減少など、交感神経の活性化を抑制し、副交感神経優位の状態に現れる体感を得る方がほとんどです。

是非口コミ体験談も併せてご覧ください!